ねずみから感染する可能性のある病気


ねずみは様々な病原菌を撒き散らす、厄介な動物です。ねずみから人にうつる病気は様々なものがあり、様々なルートで人に感染します。噛まれることで感染することもあれば、排泄物から感染することもあります。

さらに、ねずみに寄生している虫から感染する病気もあるのです。中には死に至る場合もありますので、甘く見てはいけません。ねずみから感染する可能性のある病気で、特に注意したいものをご紹介します。

 

鼠咬症(そこうしょう)

鼠咬症は、ねずみに噛まれることで感染する病気です。5日~2週間の潜伏期間を経て、急な発熱や頭痛などの症状が現れます。気管支炎や腎炎などの合併症を引き起こすこともあり、重症になって命を落とした人もいます。赤ちゃんや寝たきりの高齢者が噛まれる被害が増えていますので、注意が必要です。

もし噛まれてしまったら、応急処置として傷口を消毒し、早めに医師の診断を受けてください。

 

レプストスピラ症

ねずみが残した排泄物から感染する病気です。排泄物で汚染された水や土には、レプストスピラ菌という病原菌が繁殖します。この菌に感染するのがレプストスピラ症です。感染すると、高熱や黄疸、筋肉痛などの症状が出ます。

レプストスピラ菌は、水の中でも死なずに生き続けることができます。そのため、公園での水遊びや川遊びによって感染する例が多いのです。排泄物がスープに混入し、それを飲んで感染した例もあります。家の中にねずみが生息しているようなら、徹底的に消毒しなければなりません。

 

ツツガムシ病

ねずみに寄生しているダニの一種、ツツガムシによって感染する病気です。発症すると数週間高熱が続き、激しい頭痛や腰痛が現れます。場合によっては赤い発疹が出ることもあり、治療が遅れると意識不明になる場合もあります。
致死率が高く、感染してから数週間で亡くなった例もあります。

 

島根や山口で被害にお悩みの方は

専門知識を持たずにねずみ駆除を行うと、このような怖い病気にかかる危険性があります。
費用はかかりますが、プロであるねずみ駆除業者に任せた方が安全だと思います。

当社では、人体に安全な方法でねずみ駆除を行っております。

広島県だけでなく、島根や山口で被害にお悩みの方は、まず一度ご相談ください。

VISA マスターカード
AMERICANEXPRESS

JCB DinersClub

Discover
クレジットカードが使えます。

 

雑誌掲載情報!

2017年度版ヒットの予感!

に掲載されました!

2016年10月号

月刊Masters

に掲載されました

顧客満足度100%をめざして!迅速な対応を致します。
お問い合わせはフリーダイヤル 0120-060-904
害虫、害獣駆除専門店 エスクラス

〒739-2113

広島県東広島市高屋町高屋東1060-2

TEL:082-434-0904

FAX:082-427-6886

Email: info@esclass.net

営業日

月~土(9:00~19:00)

休業日 日・祝

 

 

営業エリア

【中国】

広島県・山口県・岡山県・島根県・鳥取県

【四国】

愛媛県